08«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

サイレント? 

ここ数日、電話・メール・ライン・Twitterの通知が全く入らなかった。
開いてみると、入っているのだが。

何度も簡易モードはチェックしてボリュームは確認していた。
それぞれのアプリの設定も見たりした。
が、
ここのところ夜勤続きで、頭が半覚醒および不調だった。
確認したつもりになって、見逃していた可能性が高い。

ついさっきまで、スマホの不具合だと思っていた。

というのも、
数日前スマホのアップデートをしたのだ。
それ以後だったものだから、それの所為だと思っていた。
まあ、そうかもしれないが…

とにかく、やっとなんとかしなきゃと思い至った。
設定を確認。
サイレントモード?

いつからだよ。

アプデ後からか。

そんなボケツッコミをして、設定を見ていたら、
着信のバイブも切れていた。
オフだ、オフ。

そしてやっと通知が入る。

アプリのアイコンに通知もなかったし、
ステータスバーにも、全く通知が入らなかった。
アプデの仕様かと思って、ガックリきてたんだが、
よくわからん内に、なんか戻った。

以前と違うとこにいくつか気が付いたが、
元から使いこなしてないので、詳しいことまではわからん。

とにかく、なんでかサイレントになってた所為で
電話数件無視してた。
ラインの返事は遅れまくった。
しかも、対処が遅れた。

一週間に3回夜勤で、薬漬けだったから。
鼻水止めと、頭痛薬連続服用…。
そして明日も夜勤だ。

このイベント準備で忙しい時にこのシフト…。
勘弁して欲しい。

ひとまずスマホの件は片付いたかな?
メールチェックは特に気を付けないとな…。

サイトの更新というか、補完はイベント週間に入ってからなんとかしよう。
たぶんイベントが始まってしまえば、毎日受付けに留守番する予定だ。
部室にPC持ち込んで作業しよう。
スポンサーサイト



カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

しばし休憩。 

夜勤明けの昨日から、地元イベント用のポスターやらチラシやらの編集にてんやわんや。
昨夜は井上淳哉先生(…リアルでは後輩呼びのまんまなんだが。)と、
ラインと電話で繋がったまま編集作業をしていた。
リアルタイムで画像差し替えて、ラインにアップ。
フォントやサイズを修正して、ラインにアップ。
こうしてみたら、ああしてみたら…に、即対応してラインにアップ。
そのおかげで、時短で編集が終わった。
今日、イベント主催の役員の方に確認して、
さらに修正して入稿…。

ああああああ。
そうだった。
クリスタからのPDF化は対応してないんだった。
イラレを入れようと思ってたんだけど、踏ん切りがつかなくて…
よし、入れよう。

CD読み込んでシリアルナンバー打ち込んで…。
よし。

って!
なんだこれ?
クリスタ画面に慣れて、イラレ画面に違和感!
すっかりアイコン忘れてるからポップアップを待ったりするトサカ頭。
クリスタ画面に違和感感じて、2年も移行出来なかった私が…。(笑)

ナニハトモアレ明日、入金してこなきゃ。

さて、次はチラシか。
ポスターで、詳細をぜんぶチラシに丸投げしたから
面倒だが、詳しく書かないとな。
あちこちメモした物を、書き込む。
ダブりは消して、途中で方針変更や文言の変更があったものを修正。
どこまで必要?
隅々まで読むかどうかは相手次第だが、
とにかく必要な事と必要そうなことは書いておかないと。
後から追加は、さらに面倒なヨカン。
初企画なんで、マニュアルがないのがイタイ。

なんとかカタチになったとこで、いったん作業から離れよう。
ずっとやってると、視野が狭くなるというか、
簡単な事にも気づけなくなる。

おやつ休憩にしようかな?

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

りにゅひとまず終了。 

とりあえず、工事中はあるんだが、
まだ中身作る暇がなさそうなんで、ここまで。

10月末までは放置予定。
しかし、それ以降放置できないように、
あらかじめハロウィンイラストにしておいた。
ある意味、私自身へのアラーム。

細かいことは手をつけてる暇がない。
マジでない。

そんなわけで、作業はひとまずココまでってことにしよう。
眠い頭でする作業は
危険だからな。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

撤収~~~。 

…というか、回収。
高知のかるぽーと内、横山隆一まんが記念館で行われていた
『クセがつよい妖怪展』
左古文男先生の原画展が、6日で終了しました。
一角に四万十漫画倶楽部として展示コーナーを設けてくださっていたので、
その作品の回収に行ってきました。
『幡多妖怪地図』の販売もしてもらっていたので、その清算もね。

と、

事務所にて受け取りをしていたら、何やら見覚えのあるものが…
イベントで使っていたアイテムなんかがまとめてあったり、
イラストの描ける絵馬もどきな用紙が余ってる?
…これは流用出来ないヤツだよね。
今度、地元で妖怪イベントするんで、頂けないかな~
廃棄予定なら、持って帰りたいな~アピールをする。
いやもう、ぶっちゃけ「ください」(笑)
そんなわけで、もらってきました。
イベントでちゃっかり使わせてもらいます。

その後は、まんがBASEに寄って帰ってきました。
さて、なんかバタバタしてて部屋がでんぐり返ってるから、
まずは片づけてから、午後から編集作業に入るか。

結構入稿が続きそうなんで、諦めてこのノートPCにイラレ入れるかな…。
重くなるから入れないつもりだったんだが。
ノートPC二台使いはもっと面倒な気がする。
フォトショとイラレが入ったノートPCのスペックが低いから余計に…
それなら一時的にでも、コレに入れる方がいい気がしてきた。

ま、とにかく片付けしてからかな。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

ホントのホントに大好評。 

『幡多妖怪地図』を置いてもらっている地元の本屋さんは2店舗。
TSUTAYA四万十店さんと、
明屋四万十川店さん。
どちらもノリノリでディスプレイをしてくれてます。
最初は30冊とかで「ひとまず三ヶ月お預かりします」なカンジで置いてくれることになったんだが、
三日もしない内に明屋さんからは追加要請が入り、
一週間たたずに、TSUTAYAさんからも追加要請が来た。

にやり。

ちなみにその間に、あちこち献本に回り、
高知市内へ交渉に出かけたりもしてた。
本屋以外でもまずまず出て、通販は細々と始まった。

そして再版が出来て、市への贈呈分は確保したんだが、
それ以外が動きがなくて「あれ?」と一瞬不安になったりもしたが、
よく考えると、初版から一か月経ってない。
シロートの同人誌で、イベントにも出たわけじゃない。
出たのは新聞くらいだ。(笑)

そこへ突然電話がかかる。
明屋さんだ。
追加だよな…と思ったんだが、残部の確認から話が始まる。
「再版しました」アピールをすると、「じゃあ、100冊くらい預かっても大丈夫ですか?」と言われる。
おっしゃー!
台風10号が来る二日前。
台風明けに持って行きますね、と請け負う。

その数時間後、明屋宿毛店さんから電話が入る。
よければ置かせて欲しいとのこと。
ありがたいです。ぜひ。
これで宿毛市での販売場所も確保した。
しかも、こちらからの依頼でなく、向こうから言ってきてくれた。
お客さんからの問い合わせとかあったのかな?
好評の証。

そして今度はTSUTAYAさんから電話が入る。
こちらも、売れ行きが好評で…という話から、
他の本屋さんにはどのくらい持って行っているか?と聞かれる。
勿論、またまた再版アピールして100冊要請があったと言ったら、
「じゃあ、100冊お願いします」と言われる。
よっしゃー!
しかも、現在3冊なので、待てないと言われる。(笑)
取りに伺いますと言われるが、地図が折れてないのだ。
そう言うと、「こちらで折りますよ」というので、持って行くことにする。

が、

100枚地図を折るのは30分でいける。
はっきり言って、面倒なのは本を出して地図を挟んで、箱詰めする作業。
挟むと、A5サイズから飛び出すので、箱に収めるのに悩むわけだ。
今までは30冊までだったんで、袋で持ち込んでた。
100冊なら、印刷所から届いた箱から、24冊抜き取ったらOKだ。
すぐに100枚折って持ち込む。
そして挟み込みをお願いすることにした。
行ってみたら、売り場には後1冊~~~。
超ぎりぎり。
その後、入れ違いでその現場に行った知人からラインで報告が入る。
並べてる最中に、持って行かれるお客さんがいたと。

さて、翌5日。
高知新聞さんに、市への贈呈式の記事が載った。…らしい。
台風明けまで待てないよな。
後10冊って言ってたけど、なんかヤバそうだよな?
明屋さんも同じにしよう。
そしたら台風明けまで待たなくても、朝のうちに持って行ける。
ってなわけで、午前中に持ち込む。
店長さんに挨拶されて、「一度に2・3冊買われるお客さんもいて…」とのこと。
ありがたや~。
午後は宿毛店さんに持ち込んでミッションコンプリート。
それにしても4日は、とんでもない日だったな。



そして今日は四万十町のかっぱ館さんと、ホビー館さんに数冊寄贈してきた。
かっぱ館さんは、かっぱ繋がりで。
さらには、『幡多妖怪地図』を作るキッカケのキッカケとなったのが『四万十怪奇譚』であり、
その本にに記載された馬之助神社には、井上淳哉先生と左古文男先生が取材にも来ているのだ。
縁がないとは言わせない。
そんなわけで、ぜひかっぱ館に置いてくださいと献本。

ここまで来たんだから、海洋堂ホビー館にも当然行くよね。
年パス買ってるし。
海洋堂ホビー館にも漫画図書室があるんだよね。
そちらにも置いてもらおう…と、ここでも献本。
よし、任務完了。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

人はそれを自業自得という。 

せっかく『幡多妖怪地図』が完成して、締め切りから解放されたはずなのに、
この忙しさ、そして年末までの過密スケジュールは何?!

『幡多妖怪地図』編集中は
「この締め切りが終わったら、わたしハンクラ生活に入るんだ…」
なんて、フラグじみたことを思ったのが悪かったのか?
だけど、自覚があったから「これは口にしちゃいけない」と、胸の内にしまっておいたのに。
思っただけでフラグ立っちゃったのか?
ハンクラはハンドクラフトのこと。
ミシンまで買ったのにまだ箱から出してないよ。

そもそも、ノリのいい性格と凝り性な性格が災いした。
部室を借りている、地元商店街の人から、
コラボイベントが出来ないか?と打診を受け、
「いいですね~」
からの「たとえばこんな…」がまずかった。
いったん想像を始めると、どんどんアイディアが浮かんでくる。
これは『幡多妖怪地図』を作るキッカケとなった会話と似てないか?

思いついたものを企画書に起こしてみる。
どんどん規模が大きくなり、引くに引けないレベルに膨れる。
三部構成の一部だけの予定だったのに…解せぬ。

一部はしまくら担当で、アーケードを妖怪ロードに仕立てようというもの。
シロートの手作りなカンジで1週間くらいの企画。
二部は別店舗担当。
…なのだが、同時進行で三部の準備。
そして三部。
井上淳哉先生協力の下、イラスト募集からの展示イベント。
賞の選考あり。
それも担当。
…おかしい。
こういうのは、商店街振興組合の仕事じゃないかな?
詳しいことはわからないから…と、ほぼ丸投げ。
その代わり、予算は頑張って取るから、と言われる。

うん、自業自得だな。
ノリノリで、イベント案を出しまくった私が悪かった。
サンプルまで作った私が悪かった。
やっぱり自業自得か。

ポスター作って、申込書作って、プレゼントアイテム作って、
編集作業は終わらない。
ふう。
印刷所入稿の為に、イラレ起動するか。
最近クリスタばかり使ってたんだよな。
イラレ入れてるノートPCは今使ってるものと別だから、面倒くさいんだよな。

そういえば、しばらくデスクトップの方の電源も入れてないな。
はあ…。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

『幡多妖怪地図』贈呈式。 

四万十市の市長に『幡多妖怪地図』50冊贈呈してきました。
アポ取って、取材が入って、直に手渡しな贈呈式で。

もうね。
開き直ったのよ。
『四万十漫画倶楽部』の知名度上げて、『幡多妖怪地図』の知名度上げる為に。
だって、結局1000部作っちゃったんだもん。
最初に500部も結構冒険した部数なんだけど、
なんのかんので、献本100部くらい予定して、
計算してみたら120部は献本にまわってた。

本屋もダメ元でお願いに行ったら、快く受け入れてくれた。
…ただ、最初に30部持って行ったら、預かり期間3ヶ月とか、ゆるい反応だった。
販売開始から一週間せずに追加要請来たけどね。
想像してなかっただろうな~。
まあ、そんなこんなで、あっという間に手元から現物が無くなる。

販売開始二日で、再版の心配をして、
三日目に決定した。
そして一週間で、発注した。
すごい正解だった。
市への献本50部は、早々に決定してたんだけど、
贈呈式に持って行ったの、第二版の物だよ。
初版のはもう20部くらいしか残ってないから、これは保存しとこう。

もっと義務的に進むかと思ってた贈呈式は、
市長の食いつきが良くて、はかどった。

が、
慣れない私は、どこへ視線を定めていいのかわからずにオタオタしてた。
新聞の取材なら、写真撮る時も視線の位置やポーズまで指示くれるのに…
TVは…動画は…敗北。

ああ、相方のなんと頼もしかったことか。
仕事柄、アナウンスとか司会頼まれるんだが納得の度胸だよ。

そんなこんなで、
勢いのあるうちに、もっと売れるといいな~。
元が取れるのはいつになるかわからんが、700部が目標。
そのために、営業もしちゃうよ。(笑)

おっと、名刺作らなきゃ。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

サイトリニューアルしました。 

夜中にこっそりやりかえました。

アップロード早々、Edgeで表示が崩れてどうしようかと思ったんだけど、
chromeではきちんと表示されるし、スマホでもリニュされてるし。
PC再起動かけても戻らないし…。
ここ1時間のキャッシュのクリアでなんとかなった。

まずはガワだけお引越しです。
中のリンクとか、細かな別窓案件は後回しにしてるので、
それは時間が出来てからにします。

ひと月もたたずにリニューアルって、ホームページ作り始めのワカモノか。
と、ひとりでツッコミを入れながら作業しました。

今回の『幡多妖怪地図』制作&販売&取材(!)のせいで、
閲覧が増えるかもしれないので、慌ててとっかえたのですよ。
そんなに見る人もいないだろうな、とは思うのですが、
通販の為に来られる方もおりましょうし、
今まで以上にスマホで見られる人も増えそうで…。

前回のは、愛着が生まれる前にスマホ表示に難ありだった。
たぶん借りたテンプレートは問題なかったんだと思うが、
カスタマイズのやり方が、PC表示にこだわりすぎたんだな。
今回は、チェックしながらなので、同じ轍は踏まない。

そんなわけで、漫画サークルらしいサイトにちぇ~んじ。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

サイトりにゅ、ふたたび。 

顛末記の続きも描きたいが、時間のゆとりがないのでまた今度で。

やっと締め切りから解放されたと思ってたのに、
自ら忙しいイベントの企画に頭を突っ込む。
駄目だ。でもやりたい。
しかも、凝り性な面が出て来そうなヤツ。

そんな時に、サイトのリニューアルまで始める。
…顛末記書いてる時間ないよ。
ま、しばらく妖怪ネタは引っ張るから後にまわそう。

それよりリニュだ。お引越しだ。
凝ったことするより、簡単にやろうと思って1カラムのテンプレートをわざわざ選んだのに、
ひと月でウガーってなってる。
うん、PCだけ見てたらまだ許せたんだけどね。
今はスマホで見ることも多いから、やっぱりそれも大事だ。
ってなわけで、せめて2カラムで…と探してたら、
なんとなく使いやすそうなのを見つけた。
借りてる所は一緒なんだよね。
老人ホーム向けのテンプレートだったんだが、
どうせカスタマイズ前提なんで、こだわりはない。
これにしようっと。

CSSも、ちょっとだけいじり慣れた。
色変えが簡単で助かる。
最近小学生の見学者が多いから、可愛い感じでパステルカラーとかにするかな?
…考えただけで、テンションが上がらない。
どうせ管理は私だ。
私の好きな色でやろう。

追加構想はあるんだが、まだまだそこまで追いつかない。
しかしだ。
テンションの上がらないサイトを更新する気力はわかないのだから、
リニューアルする方が先だろう。

今日は午前中、自宅が停電になるっていうんで、
近所のコメダにPC持って避難してたんだよね。
結構スムーズに作業が進んだよ。
でも、公開するとこまではいかなかったな。
もう一日あればいけるか?
明日かな?
今までなら、確認もあって見切り発車で、途中でもリニュ始めるとこなんだが、
今は通販受付けしてるから、混乱は最小限に留めたい。
なので、もうちょっと完成度を上げてからだな。

使えるサイトを目指してがんばろ。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

四万十漫画倶楽部

ちかごろの妄言

かつての泣き言

なにごと?!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク