07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

飽きた。 

変えて早々だけど、サイトのカスタマイズに飽きた。
面倒だからと、1カラムに変えたんだけど、
やっぱり最低2カラムにするかな。

違うテンプレート借りてこよう。
そんで、もう一回お引越し。

PCでの見た目の編集が、スマホで崩れすぎる。
もっと違和感のないやつに変更しよう。
両方考えて、確認して…がストレスになる。
細かい作業する前に思い切ろう。
スポンサーサイト



カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

素材作ろっかな~。 

人はそれを現実逃避と呼ぶ。

連続で書いていた顛末記は、小休止。まだまだ続くよ。

サイトの改造をじわじわしてるんだが、
やっとモバイル画面を確認して、愕然。
PC画面のことばかり気にしてたから見ずらい。

CSSはあんまりいじりたくないんだよな~。
フォントの色が一発で全部変換…とかやったら、どれだけ便利かわかるが、
基本シロートだから、いじりすぎると原型をとどめなくしそうで…。
ひとまず、画像と文章の横並びをなんとかしていくか…
と、思うんだが、なんとなくノリが悪い。
サイト内リンクの頁も作り直さないといけないのに、
使いやすい素材があればテンション上がるかな?

ともかく、なにか考えよう。
今なら妖怪素材一択になりそうだが。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

妖怪顛末記?騒動記?その2 

さて。
慌て資料をまとめに入る。
Qさんはしっかり地道に収集してくれていたので、
資料はばっちりあるわけですよ。
ひとまず参加者を募り、締め切りを設けました。
そして、やっと編集作業に入る。
ざっくり80ページくらいで始めようか。

構想は散々練ってきた。
二転三転するイメージもだいぶまとまってきた。
問題は、クリスタ。
そして使い始めたばかりの液タブ。
これが不具合起こしまくりで…と、思っていたんだが、
結構自分で設定ミスってたりした部分もあった。
本気の不具合は、ケーブル買い替えで対処したんだけどね。
後、便利なはずのクリスタのブラシ。
便利なのは使いこなしている人だけだ~~~。
って、何度思った事か。
カスタマイズしたい欲求を押さえつけるのに苦労した。
途中で変えたら、分からなくなったり、見つからなくなったりしそうで。
実際、右寄りのワークスペースに設定したら、やりたいことが急にできなくなり、
また初期に戻して作業して…再度右寄りに変えて…
と、面倒くさいことをした。
クリスタも液タブも、編集最後の辺りで、やっと慣れ始めたカンジだった。
普段から使わないから…。

いや、そんなことはいいんだ。
編集最初に、原画展参加メンバーと、妖怪の振り分け。
なんとか決めて、まんが館との連絡を取る。
締め切りと、左古先生の予定と…
そして事件は起きた。

送ったはずのメールが届いていない。

なんかメールの返事が来ないな~と思ったんだが、
原画展の準備で忙しかったり、出張とかもあるんじゃないかと、
ずっと待ってたわけなんだが…
届いてなかっただけだった。
普通のメールは届くんだが、添付メールが届かないらしい。
先方は、拡張子の問題か、データの大きさの問題かと思ったらしいんだが、
どうやらセキュリティの問題では?と相方の意見。
それが納得できそう。
めっちゃ小さいデータ送っても、ZIPファイルで送っても、はじかれたみたいだし、
その後、地元の市町村の役所とデータのやり取りする際に、
二ヶ所が同じように添付付きメールが届かなかった。
今後も、セキュリティの高そうな所とのやり取りは気を付けないと。

ともかく、事件はあったが、無事開催に間に合い、左古先生にお礼も言えた。
左古先生も、四万十怪奇譚では不完全燃焼があったようで、
リベンジをしたいようだった。
『幡多妖怪地図』も期待していると言ってもらった。
ここが一区切り。

なにはともあれ…一息ついた。
体裁は整えたというか…。
この時点で、本の挿絵用のイラストはほとんど集まっていない。
しかし、文章の編集もまだまだなんで、催促かけても意味がない。
編集しながら、やっぱり違うな、と思うところも出てくるし。
とにかくクリスタの機能が優秀で、すごく作業している気にはなっていた。


(まだ続くので、ここで区切るか…。)

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

妖怪顛末記?騒動記?その1 

まだまだ終わってないのだけれど、忘れないうちに書き留めておこうと思う。
今回の騒動というか、当サークル的な大事件を。
だって、こんなに好評得て、地元アピールも大っぴらにすることになるとは…

そんなわけで、思い出せる範囲で時系列にいこう。

キッカケはもちろん、当サークルの後援もしてくれてる漫画家井上淳哉先生のセリフ。
そもそも彼は高校時代の後輩で、格闘ゲーム全盛期に同人を一緒にやったりしてたくらい
仲も良かったので、未だ遠慮がない。
ノリツッコミをしながら、あんな展示がしたい、こんなモノを作りたい…
と、電話やラインなんかでよく話す。
今回のキッカケは、確か帰省中のリアルな会話中だったかな?
当時四万十市観光大使をしていた左古文男先生と井上淳哉先生のふたりで
『四万十怪奇譚』っていう本を出した記念のサイン会した時じゃなかったかな?
(観光大使は期間があり、井上淳哉先生は、現在も続行。)
コンセプトは、地元から妖怪話を募集して、それを基に描くというものだった。
しかし、予想以上に募集がなく、別の切り口から取材をして完成に至ったようだ。
その話を、しまくら部室でしていた時じゃなかったかな?
Qさんが、地元の妖怪話をいくつか披露した。
「なぜ、今になって…」と笑っていたんだが、
笑えないほど後から後から出てくる話、意外に多い妖怪に、
「妖怪マップとかあったらおもしろくない?」
というカンジの発言を、井上淳哉先生がした。
「いいね、しまくらで作ろうか?」
と、すかさず行ってしまった私。
まあでも地図作るなら、解説本もいるよな…と、
この時は、趣味に偏ったものをイメージしたので、
Qさんの個人誌か、Qさんと私の二人誌くらいのつもりだった。

これに乗ってきたのが、井上淳哉先生。
ちょうど、依頼で妖怪のコンセプトイラストを大量に描いていたようで、
テンションは高くて、連載が終わったタイミングなら描けるよと、気軽に言ってきた。
とはいえ、調べて作るものだから、時間がいるだろうな~と、
Qさんに話を調べてためておいてねと、締め切り未定のお願いをしていた。
『しまくら読本』の発行が先だったし。
元から編集を担当する気でいたもんだから、じつのところ私はのん気に構えていた。

が、

井上淳哉先生から、催促の連絡が来る。
元になる話がないと、それに合わせたイラストが描けない、と。
さいわい、Qさんも真面目に調べ物をしてくれていた。
(私が)面倒なのでまとめた資料をデータで欲しいと言えば、
手書き資料でなく、デジタル文書(コピペが出来る)が届いた。
ちなみに、Qさんとの打ち合わせは何度かして、
ゲームちっくにデータマップを作ろうという話にもなっていた。
完全に二人の趣味の世界だった。
そもそも、対象を『若い世代』に限定していた。

『しまくら読本』が出る前に井上淳哉先生のイラストは完成して届いてしまった。
ヤバい。
具体的に何も進んでない。
慌てて、『しまくら読本』にCMを1枚挟む。
これが今回の出来事に大いに役立つ1枚になるのだが、
この時は誰もそのことに気づいてはいなかった。

資料が集まってきても、まだまとめようという気になれず、
どんどん増えていく情報に、しっくりいかない私がいた。
そんな時、漫画『妖怪ギガ』を読む。速攻で買う。
ああ、こんなイメージで作りたい。
ここで『和』にイメージが傾いた。
この後『鬼フォント』の購入で、完全にイメージが和に決まった。

ちなみに、
『しまくら読本 壱』が発行されたのは2019年の夏だったが、
お世話になった漫画家の先生や、漫画関係の施設などに送り付けた。
いや、活動のアピールに今までもしているんだけども。
左古文男先生にも、もちろん送っていた。

時折井上淳哉先生から「まだか?」の連絡が来るが、
発行予定を2020年にしていたから、1年間あるよな~。
年末までにゆっくりやればいいか~。
と、ゆるい考えの私がいたとか、いなかったとか。

コロナ騒ぎが始まる前に、指名で原画展の話が持ち込まれたり、
それがその騒ぎで有耶無耶になったり、
そんな中、高知のかるぽーとから連絡が入った。
左古文男先生の『くせがつよい妖怪展』への、原画展示のお誘いだった。
左古文男先生が担当の職員さんに、しまくらの存在と妖怪本を出そうとしていることを
言ってくださり、声をかけてみてはどうかと言われたそうなのだ。
左古先生ー!ありがとうございますー!
勿論、『しまくら読本』のあの1枚のCMページの効果です。
いちもにもなく、引き受けましたとも。
まだメンバーは一枚も絵を描いていませんが。




(さて、長いのでここで区切ります。)

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

再版決定。 

まさかとは思ったんだけど、やっぱり足りません。
一週間を待たずに、再版決定です。

いや~、地元強いな。
井上淳哉先生の名前も強いと思うんだが、
地元新聞記事に、地元のおっちゃんおばちゃんの宣伝力。(笑)

いや、まじで宣伝してくれるんですよ。
「予約を取ってあげるね」と言ってくれる人もいたら、
出張販売してくれる人もいる。
去年出した、ただの部誌と違って、妖怪本は趣旨がはっきりしていて、
地元貢献、地域の活性化の一助に…って採算度外視だったから、
早いペースではけるのは嬉しい。
元々献本・贈呈分を考慮して、ほぼ原価。
完売したらちょっと黒字になる計算。
再版分は完売したらさらにちょびっと黒字だけど、
たぶんこれは長く在庫持つ予定のものなので、赤。
そんな感じです。
そもそも、私はなんでもかんでも四捨五入しちゃうどんぶり勘定をしがち。
自覚があるもんだから、最初っから会計は相方にまかせている。
雑務・営業・通販担当がわたしなので、
忘れないうちに、常に報告。
金銭出納帳に書き込むのは、相方。

話がずれてきたな。
そもそも、印刷費の関係から単価を少し上に設定しようとしていたのを、
井上淳哉先生のアドバイスで、500円。
つまりワンコインに設定した。
本屋においてもらう時も、税込みで、ワンコインで、と。
たぶんこれも良かった。
買いやすい価格設定って大切ね。
おかげで売りやすいし、買ってもらいやすい。
そんで、一週間を待たずに再版決定。
ありがたや~。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

行方不明。 

今回の『幡多妖怪地図』
本体は地図の方。
っていうのは、ネタ的なものと思われるかもしれませんが、
最初に作ろうとしたのは、地図だったのですよ。
で、それだけだと不親切だ、ということで、解説本とセットにした。

というわけで、その地図の事。

割とイメージ通りにまとまったと思うのですが、
印刷所入稿時点で問題発生。

A3サイズで構想があったんで、A3サイズで編集を始めた。
…はずだった。
仕上げて、入稿。
よし、これで仕事の半分が終わった。
後は、ほんの方の最終チェックだ。
…と、思ったらデータがちっさいと印刷所から連絡が来る。

は?

慌てて確認。
いつの間に?
そーいえば、いつからか軽くなったようか気がした。
でも、それからデータが増えまくって、レイヤーが200オーバーとかになると
それも忘れてた。
表紙に使用するときにデータ変更しちゃったのかな?

イメージしてから、何度も試行錯誤し、
メンバーに見せて確認するために、PDF化も何度もしたし、
どっかで操作ミスしたんだろうな。
アイコンと妖怪名を明記してからは、更新は上書きだったし、
バックアップも、まめにしたけど、やっぱり上書きだった。
それを遡れば見つかるかもしれないが、そっからの作業ははっきり言って地獄だ。
とにかく今の小さいデータでも、ラスタライズ前だからなんとかなるはず。

もう一度A3サイズの原稿を用意して、
クリスタの素材から、めっちゃいい雰囲気の古紙素材借りて、
後は、データを拡大コピペ。
やった、フォルダ事拡大出来る。
さくさくとコピペしていく。
妖怪名なんかの名称100オーバー。
アイコン100オーバー。
フォルダ移動がなければ入稿遅れてたな。

印刷所のグラフィック様では、
チェックの2Hコースをお願いしていたんだけど、
それをオーバーしても追加請求されなかった。
連続2Hでなかったということかもしれないが。
それにしても、ありがたや~。

慎重にやってるつもりで、コピーやバックアップも
多めにしてるんだが、行方不明になったことに気づかず、
それが早い時期だったら、そっからのバックアップは意味ないな~。
まあ入稿も済んだし、再版はありそうだが、
それが終わったら、オリジナルの原稿のみ保存して後は消そう。
今、どんだけデータ食ってるかわからんくらい無駄にコピーがあるからな。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

アクティブ。 

やっと自分ご褒美~~~。

オープン前から、いつ行こうって、ずっとソワソワしていたんだよね。
土佐清水の新足摺海洋館。『SATOUMI』。
おかねさんの妖怪退治のあった近くだね。

しかも、締め切り終わったら行こうと決めてたのに、
速攻で本が届いて、
届いた本を、各所に分配して。
そもそも、挟み込む地図は全部私が折ったよ、500枚。
それも一区切りついて、昨日土佐清水の市役所にお礼に行くついでに、
SATOUMI行こうと思ってたのに。
直前で連絡が入り、隣町で『幡多妖怪地図』置かせてくれるとこの
許可が下りたので、行くことに。
SATOUMIは延期できるが、販売は時期を見失うわけにはいかない。

というわけで、今日こそは。
…昨日も今日こそはって言ってなかったかな?
ラインで友人とかに。
行ってきました、本当に。
お土産にメンダコ連れて帰ってきた。

海洋館の中身は、うん、面白かった。
田舎の規模でいうとこじんまりしてるけど、
工夫がいっぱいで楽しめる。
じんべいはいなかったが。
新しくなってみて、以前の海洋館好きだったんだな、私。
なんとなくあの円柱の大水槽がなつかしい。
とはいえ。
癒されて、リフレッシュしてきた。

ちなみに、前三日は連続で給油。
幡多地域走り回ったから。
いや、まず16日は高知市へ走ったんだわ。
17日黒潮町と三原村に行って。
その翌日の午前中に大月町と宿毛市。
で、なぜかこの日の午後は怒涛の忙しさだった。
委託先から追加注文がかかる。
地元商店街でお世話になっている方々とのやり取り。
追加用の本と地図の用意。
今回めちゃめちゃ役に立ったのが、液タブ用グローブ。
地図を厚い紙にしたから、まとめ折りが出来ず、
一枚一枚折ったんだよ。
半分に折って、重石して、
折り目のついたものを、さらに半分に折って、重石して、
っていうのを、一人流れ作業。

そっからサイトの更新しようとして、半分寝かける。
メールのチェックもしないと…
週末に発送作業するから、入金確認しないと…。
予定を考えながら寝落ち。

そんなこんなで、自分ご褒美のSATOUMIだったんだよね。
まあ、出かける直前まで、色々打ち合わせとかしてたけど。



カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

『幡多妖怪地図』大好評販売中。 

幡多妖怪地図

ショッピングカート設置しました。

通販用コンテンツ作りました。
『通販』コンテンツに入ると、ショッピングカートの頁に行けます。

井上淳哉先生のご意見で、おまけの名刺は全員プレゼントになりました。
本人イラストがないのが残念ですが、記念品としてお持ちください。
すでにお申し込みの方にも、つけますね。

地元本屋2ヶ所共、素敵なディスプレイで販売ブースを用意してくれました。
ありがとうございます。
高知市の本屋にも問い合わせがあったとのことで、
そちらに分配されたという報告もありました。

高知市かるぽーと内での取り扱いが二転三転しており、
現在まんが館の受付けにて取り扱いがされております。
現在の展示イベントが終わりましたら、ミュージアムショップで
扱っていただけるように交渉予定です。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

『幡多妖怪地図』好評発売中。 

怒涛の展開です。
おかしい。
編集作業から解放されて、一息つけるはずじゃなかったっけ?

報告を書こうと思ったんだけど、先にグチを書いておこう。
報告にいらんことを書きそうだから。(笑)

まず。
ありがたいことに、印刷会社さまが頑張ってくれたおかげで、
ソッコーで製本されて、届きました。
午前中に届いたので、慌てて地図の挟み込み作業。
分配。
委託先に持っていきます。
夕方までに、三か所。
遠方の委託先には翌日持って行く。

そして販売当日の17日。
地元の市役所と隣町の役場の、お世話になった観光課までお礼と献本に行く。
ついでに隣町には図書館にも献本。
もう一か所、の役場と図書館にも献本。
後、三か所。

地元はね、各学校関係にも配布したいから、市に丸投げ予定。
市長にまとめて献本して、市から分配してもらう。
なので、地元図書館はスルーしてた。
してたら、メールで購入申し込みが来てた。(笑)
ああああ。
申し訳ない。
本当なら、真っ先に持って行きたいところなのに。

ちなみに今日は午前中のうちに、2ヶ所の役所と図書館に献本。
委託した本屋の1ヶ所から電話が入ってた。
なんだろう?
素敵にディスプレイしてくれてるの、昨夜見てきたんだが。
追加要請きました。
今日は部室を借りてるアーケード内のお世話になってる方の所に
進呈に行く予定があって、その後メンバーのトコに届けに行く予定が…
午後に、持って行きますと答えて、予定を消化していく。

井上淳哉先生から電話?
なんだろ?
あ、ラインも来てる。
もう1ヶ所委託したとこが完売?!
行きます。
そして、地元天神橋商店街の副理事さんからも電話。
行きます。

なんだろ?
この忙しさは?
連休で良かったな~。

今度は地元商店街で、コラボイベントが出来ないものか…というお話を聞く。
乗るよ? 乗っちゃうよ、私は。
まあ、相方にも相談するが、半分以上ノリ気。
すでに、井上淳哉先生の画像使用許可はいただいた。(笑)

部室借りてる大家さんからも電話が入って、
数日前の新聞記事を読んで、知人にすすめたいが在庫は大丈夫か、とのこと。
大丈夫ですが、無理しないでください。

大丈夫というか、
再版って話が出ても、1週間あれば製本が届くので。
つか、そう。
もう再版の話が出てるのよ。
まだほとんど現金は入ってこない状態で、どんどん本が出て行く。
献本100冊は想定内なんだが、
委託が意外に多い。

そして、よく考えると地元以外の市町村にも普及させたい。
市長への贈呈式に取材呼ぶんだが、そこで他の地域へのアピール出来るといいな~。
いや、だから。
そうなるとやっぱり足りない…。
気がする。

もうちょい様子見…って言ってたんだけど、
もう無理、って気がしてきた。
たぶんこのまま再版になるだろうな。

おどろきの展開。
さて、気が済んだところで、更新作業するか。

カテゴリ: 天野のひとりごと

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

明日の朝作業します、いや今日か… 

夜勤明けで遠出し、ショッピングカートの作業していたんですが、
頭がまわっていないようで、ミスが出そうです。

そんなわけで、寝ます。
早朝作業します。
申し訳ありません。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++

幡多妖怪地図


おはようございます。
いやあ、力つきてるな~。
アラーム守れました。
朝、6時に起きて作業の続きです。
ミスだけはしないように、と頑張った昨夜の形跡が伺えます。
パソコンのデスクトップに、色々画像が複製されています。

昨夜は、ショッピングカートの登録の途中で、
まったく意味不明なものを検索している、と気が付いた時に
作業を諦めました。(笑)

今日はきちんと画像の整理をして、見やすい通販ページと、
ショッピングカートのカスタマイズを行いたいと思います。

ひとまずショッピングカートの設置は出来たみたいですが、
初めてなので、確認作業が大変。
ここにもリンクを貼っておこう。
http://simakura.cart.fc2.com/

部屋の片付けも後回しにしてて、えらいことになってる。

カテゴリ: 報告

[edit]

comment(0) /  trackback --

△page top

四万十漫画倶楽部

ちかごろの妄言

かつての泣き言

なにごと?!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク